×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

多和田真太良 Tawata Shintaryo

多和田 真太良 (たわた しんたりょう)

 

生年月日/1981年10月14日
出身地/東京都
血液型/A型
身長/173cm

 

<演技歴>
1993年N.A.C.タレントセンター広島支社入所。2000年大学進学で上京まで在籍。
2004年明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業。
文学座研修科演出部を経て、演出家、俳優として活動。

現在、学習院大学大学院 人文科学研究科身体表象文化学専攻博士課程前期在学中。

舞台:
「ガラスの家族」(=少年ニック)(1994)、
「モモ」(=マイスター・ホラ/ミヒャエル・エンデ)(1995)、
「はてしない物語」(=コレアンダー/バスチアンの父さん)(1996/1997)、
「聖マリアゴレッティ」(語りの村人夫婦/院長)(1997)、
「リア王」(グロスター伯爵)(1998)、
「二号」(演出助手と代議士武本/みやけホテルマネージャー菅原)(2006)、
「天保十二年のシェイクスピア」(演出助手と旅の武士)(2006)
「蜘蛛の巣/シェルショック」(ラジオニュースの声)(2008)

TV:
「極楽遊園地」(主役・千秋実のきぐるみ吹き替え)(NHK)、

「されどわが愛」(=バスセンターの乗客)、
「テレビランド」(再現VTR・主人公の親友)(広島HOME)

VP:
NHKちゅうごくソフトプラン「選挙啓発ビデオ」(主人公の中学生)(1995)
 

演出作品:
「くたばれハムレット」(2003)、「HAMLET-Prince of Denmark-」(2003)
「心ならずも悲劇の人に-アントーシャ・チェホンテ短編指南」
「HAMLET」(2004)、「渇き/霧」(2005)

「ROBOT」(2007)、「ペール・ギュント」(2007/2008)、「楽屋」(2007)

「うかうか三十、ちょろちょろ四十」(2008)「蜘蛛の巣/シェルショック」(2008)「お月さまのために」(2008)「兵士の物語」(2008)

「まじめが大切」(2009)「恋の冷凍保存」(2009)「高崎山殺人事件」(2009)

音楽劇「P.G.―Peer Gynt―ペール・ギュント」(2010)

制作助手:
ホールオペラ「TEA-茶経異聞-」(2002)、
こまつ座特別企画・香港中英劇団「留守太平間」(2002)、
こまつ座「円生と志ん生」(2005)
「私はだれでしょう」(2007)

<ナレーター歴>
ラジオ:
「河合塾トライデント」(ナレーション/河合くん)
VP:
「日本道路公団」ナレーション(体育の先生/英語の先生/国語の先生)

<趣味>
舞台鑑賞、音楽鑑賞、読書、鉄道情報集め、絵を描く

<特技>
トランペット、ホルン吹奏、指揮、有名人発見